http://donyarudo.com/ にブログを引っ越しました。

http://donyarudo.com/ にブログを引っ越しました。当ブログは新しいサイトに引っ越しました。3秒後に自動的に転送しますが、もし転送されない場合は、http://donyarudo.com/をご覧下さい。...

日本はやられちゃう国、やられない国?

日本はやられちゃう国? それともやられない国?ドラえもん  藤子・F・不二雄ある国の政策が他国に大きな影響を及ぼすことが多々あります。いま世界で他国の政策に一番やられちゃってる国はどこでしょうか?個人的には「韓国」が浮かびますね。国内的には大統領不在の混乱の上に、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備に合意した為に、中国からの執拗な経済的制裁に見舞われています。中国のアジア地域での権益は拡大...

今回届いたのはフランス伝承の白かび

岐阜県関市からふるさと納税の返礼品が到着しました。今回もワインにあう商品をということで、フランス伝承の白かび熟成乾燥ソーセージを選択。内容は、・白かび熟成の乾燥ソーセージ 90g・モンベリアールのソーセージ 200g・フランクフルトのソーセージ 200g・トゥールーズのソーセージ 220g・プロヴァンス風ソーセージ 220g・コンテ・チーズ入りの燻製加熱ソーセージ 200g・豚肩ロースの燻製熟成ハ...

IBMの壮大な実験には付き合えない

バリュー投資家に人気のIBMには投資する気になれない※今回の記事は全くの個人的な主観ですので、ご了承願います。バリュー投資家にとって情報技術(IT)セクターの銘柄選びは悩み所だと思います。そもそも情報技術セクターは、どちらかといえばバリュー株よりもグロース株向きが多いセクターです。ですので、情報技術セクターのバリュー株投資家向きの銘柄がかなり限られます。IBM(IBM)・マイクロソフト(MSFT)・シスコシス...

1-3月期決算発表が本格化、株価回復なるか?

今週から1-3月期の米企業決算が本格化!最近はトランプラリーの終息もささやかれて株式市場の見通しが少々怪しくなってきた中でいよいよ決算シーズンを迎えます。1-3月期の増益率は12%と5年半ぶりの高い伸びへS&P500構成銘柄の1-3月期の利益は、前年同期比+9.1%と2013年以来の高い伸びが予想されています。過去のデータでは、実際に発表された数字は事前予想を上回る傾向にあり、過去5年の平均値では決算...

【速報】イギリスが議会解散・総選挙実施!

英メイ首相が、議会解散・総選挙を実施し、EU離脱の信を問う本日の外国為替市場でポンドが急騰しました。メイ英首相がロンドン時間午前11時15分から首相官邸前で何らかの発表を行うと伝わり、臆測が高まった為です。そして、日本時間の19時過ぎに、議会下院を解散し6月8日に総選挙を実施すると発表しました。欧州連合(EU)離脱に向けた政治的安定を求めるための唯一の方策との認識を示しました。首相は「不本意ながら総...

今こそ相場の力を信じよう!

不安要素が多い今こそ、相場の力を信じよう!ONE PIECE  尾田栄一郎世界は不安に満ちているシリアや北朝鮮を巡る米国の軍事行動が地政学リスクを高め、トランプ政権の政権運営能力への懸念も高まっています。“先行き不安”を一番嫌うのがマーケットです。しかもマスコミは、こうした「先行き不安な出来事」を視聴者に伝えることを大きなビジネスとしています。世界中で報道されるトップニュースは、「8対2」の割合で悲観的な出...

アマゾン・マイクロソフト・アリババの仁義なき戦い

インドを舞台にアマゾン・マイクロソフト・アリババの仁義なき戦い!アマゾンは、成長の舞台をアメリカから海外先進国、そして発展途上国に移そうとしています。アマゾンの国際事業部門の売上高は前年比86%増を記録した一方で、営業損失も84%増となりました。国際事業部門がアマゾン全体の売上高に占める割合は32%で、損失に占める割合も31%となっています。今、アマゾンが50億ドル投資する方針を示して力を入れてい...

現金ポジションはETFでいいんじゃない?

現金ポジションは必要か?過去の運用方針記事にて、流動資金は、日常生活で急にまとまった現金が必要になった場合に備える生活防衛資金であり、かつ株価・為替暴落時に資金を投入する為のキャッシュポジションでもある。生活防衛資金は100万円もあれば十分だが、株価・為替暴落の好機に資金がなく動けない事態は避けたい。よって流動資金は通常時:300~400万円(株価・為替暴落時:100万円まで落とす)とし、残りは株...

大幅下落!~株式運用状況(2017年4月)~

2017年4月15日現在の株式投資運用状況:2016年11月末米国株運用開始から5ヵ月が経過した運用状況です。株式評価額は、3877万1442円 (35万2045ドル)「iシェアーズ S&P500 ETF」と「マイクロソフト」の追加購入で、先月からドル建てでは9312ドル増加しましたが、円建てでは41万3265円減少しました。保有株の値動きによる損益(含み益)は、 +146万8422円 (前回3/18から ー102...

無敵のアマゾンでも倒せないもの

無敵に見えるアマゾンにも対抗する企業があります。先進国では無敵のアマゾンですが、発展途上国では苦戦発展途上国の中でも東南アジアは、人口が10億人に迫る勢いで増え続けている巨大市場ですが、アマゾンはいまだ十分に参入できていません。今年3月にやっとシンガポールでアマゾンプライムをリリースし、インドネシアでは倉庫をオープンしたところです。しかし、東南アジアではすでにアリババが現地のEC企業を次々と傘下に収め...

電力自由化の恩恵は得てる?

電力自由化がスタートしてちょうど1年、恩恵は得てる?大手電力10社の5月の電気料金が、標準家庭で月150~210円の大幅値上げとなる見通しです。再生可能エネルギーを普及させるために料金に上乗せする「賦課金」が、5月から増額されることが主な要因です。電力自由化がスタートしてちょうど1年、今月からは都市ガス小売りも全面自由化されます。当時はテレビがさんざん電力自由化を取り上げていましたが、今では取り上...

アルトリアから配当金!

アルトリアグループからの配当金が入金されました!アルトリアグループから配当金が入金されました。入金額は、367.52ドル入金時の為替レートで、4万500円くらいですね。今年の配当金入金合計額は、25万6251円になりました。一株あたりの配当額は0.61ドルで、保有株数が805株ですので税引き前は491.05ドル。2016年第4四半期のたばこ販売数量は4.8%減でした。業界全体で販売量の減少傾向が続...

バランスシート縮小でドル高が遠のく【ブログ開始2ヶ月】

"保護貿易"でFRBはバランスシート縮小を議論へトランプ政権は対米貿易黒字国の通貨安を問題にしていることから、ドル高を警戒しています。一方、オバマケアの代替法案を撤回し、次は税制改革に取り組むことを表明しました。法案には"国境調整"が盛り込まれる見通しで、難航が予想されますが、自称「驚異的な」税制改革が可決されればドル高への回帰が予想されています。ここで、FRBが利上げを進めていくと、当然さらなるドル...

地政学的リスクは買いのチャンス!

地政学的リスクは株買いのチャンスだ!トランプ政権は6日、内戦が続くシリアで空軍基地に対し59発の巡航ミサイルによる攻撃を行いました。また、アメリカ海軍の原子力空母「カール・ビンソン」やミサイル駆逐艦などの第一空母打撃群が、オーストラリアに移動する予定を変更して、北朝鮮を臨む朝鮮半島に向かいました。今まさに地政学的リスクが高まっています。では投資家の視点から見た地政学的リスクとはどうなのでしょうか。...

ETFは何を選んでますか?

みなさんはEFTは何を選んでいますか?自分は「iシェアーズ・コア S&P 500 ETF」(IVV)を選択しました。有力な指数には、・ダウ工業株30種平均株価指数  ・S&P500種株価指数  ・FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス・MSCIコクサイ・インデックス  ・モーニングスター配当フォーカス指数 などがあります。そして、それぞれの指数に連動するETFに、・ダウ工業株30種平均株価指数 ・・・SPDR ダウ工業株平均ETF...

年間配当金が大台割り込み(2017年4月)

2017年4月8日時点での年間配当金(税引き)を確認します。先月、年間配当金(税引き)が100万円の大台を突破しましたが、そこから「コカ・コーラ(KO)」と「ゼネラル・ミルズ(GIS)」の高配当銘柄を売却し、「iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)」に切り替えましたので、配当金としては再び大台を割り込みました。92万2479円 です。IVVが配当利回り1%台ですので、3月の時点から全体で0.2%ほど低下し、配...

こだわりがないのがこだわり?

運用方針にこだわりがありますか?"こだわり"って以前は余計なものに固執するネガティブなニュアンスだったのに、最近はすっかりポジティブな意味に使われるようになりましたね。他の方の投資ブログを見ていると、投資手法や運用ルール・投資のタイミングなどにいい意味で"こだわり"があって感心させられます。そこで自分は?って振り返ると、昔からまったくこだわりがないんですよね、これが・・・投資手法はというと、短期グロー...