ユニリーバ、クラフト・ハインツによる買収提案を拒否!

ダウンロード

"クラフト・ハインツ"が"ユニリーバ"に買収提案。クラフト・ハインツ(KHC)は買いか?

米食品メーカーの"クラフト・ハインツ"が17日、英蘭系の"ユニリーバ"に1430億ドル(約16兆円)での買収を提案し、拒否されたことを明らかにしました。

同提案は1株当たり50ドル。3分の2が現金、残る3分の1は新株によるもの。

"ユニリーバ"は同提案について、同社を「根本的に過小評価している」とし、一段の協議を続ける根拠は見当たらないと付け加えたようですが、"クラフト・ハインツ"側は買収条件に関する合意獲得を目指すと表明。

もし買収が実現すれば、食品・飲料業界では過去最大規模の買収となり、「ダヴ」石けんや「ハインツ」ケチャップなどなじみの深いブランドを持つ消費財の巨大企業が誕生します。

この動きにより、"ユニリーバ"の株価はロンドン市場で一時前日比15%急伸して最高値を更新、同社の時価総額は1130億ポンド(約16兆円)超相当となりました。
アムステルダム市場では一時12%高。
"クラフト・ハインツ"の株価もニューヨーク市場の通常取引前の時間外取引で約4.7%上昇しました。

"クラフト・ハインツ"といえばバフェット氏が2013年に投資会社3Gキャピタルと組んでクラフト社とハインツ社を合併させて誕生しました。

今回の買収提案の裏にも、大株主であるバフェット氏と3Gキャピタルがいるので、そう簡単には買収を諦めないし、"ユニリーバ"に限らずどこかを買収してくると思います。

さて、クラフト・ハインツ株は「生活必需品セクター」「高配当」「超大型」でTOPクラスのブランド力も持っています。

では、買いか? 結論は、シーゲル流バリュー投資としては、まだまだしばらくは買いません!


シーゲル流バリュー投資は、業績も株価も動きが少なく・地味だからこそ、市場で過剰人気になっていない超優良企業に投資することで、その堅実さと高配当が不況・恐慌時に株価下落を抑え、さらにその際にしこむ配当金再投資が、不況を脱した際に上昇のアクセルとなって、大きなパフォーマンスを発揮する投資法です。

現在のクラフト・ハインツ株は、バフェット筆頭銘柄の認知度や買収観測の派手派手で、過剰人気となっており、
PERはなんと「42.54」 !
しばらくはグロース株扱いをしたほうがいいです。


気がむいたらポチッと
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(2017/02/18)ダウ平均: 20624.05、S&P500種:2351.16、日経平均:19234.62、ドル円:112.869
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。