ETFは何を選んでますか?

みなさんはEFTは何を選んでいますか?
20170403-1.jpg

自分は「iシェアーズ・コア S&P 500 ETF」(IVV)を選択しました。

有力な指数には、

・ダウ工業株30種平均株価指数  ・S&P500種株価指数  ・FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

・MSCIコクサイ・インデックス  ・モーニングスター配当フォーカス指数 などがあります。

そして、それぞれの指数に連動するETFに、

・ダウ工業株30種平均株価指数 ・・・SPDR ダウ工業株平均ETF(DIA)

・S&P500種株価指数 ・・・iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)

・FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス ・・・バンガード トータル ワールド ストック ETF(VT)

・MSCIコクサイ・インデックス ・・・iシェアーズ MSCI コクサイ ETF(TOK)

・モーニングスター配当フォーカス指数 ・・・iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF(HDV)


があります。

管理報酬はそれぞれ、DIA:0.18% 、IVV:0.04% 、VT:0.11% 
、TOK:0.25% 、HDV:0.08%


それぞれのパフォーマンスを見てみましょう。
20170407-1.png

上昇率の順に、IVV、 DIA、 HDV、 TOK、 VTとなっています。

やはり世界分散よりも米国の強さが際立っていて、さらにS&P500の上昇率が頭一つ抜き出ています。

自分は、個別銘柄では集中投資している分ディフェンシブ株でリスクを抑えているので、ETFでは成長力重視で”IVV”を選びました。

ここで、S&P500 ETFなら「SPDR S&P500ETF Trust(SPY)」でしょ、という方も多いと思います。


SPYの魅力は、圧倒的な出来高ですね。

自分がデイトレードするのであれば、間違いなくSPYを選択します。

しかし、長期投資用としては管理報酬の安いIVVが現状は最強だと思います。

SPYはユニット・インベストメント・トラスト形態ですので、四半期毎にまとめてしか再投資出来ずキャッシュが遊んでいますが、IVVはオープンエンド形態ですので、毎日配当の再投資が出来ているという利点もありますからね。


そのIVVの構成銘柄を見てみましょう。
20170403-3.png

構成比率TOP40の中に、自分が保有する全個別銘柄が含まれています。(※MSFT ,JNJ ,T ,PG ,MO ,MCD)

セクター別の構成比率はどうなっているでしょうか。
20170403-4.png

情報技術、金融、ヘルスケアの比率が高いですね。

これを見ると、保有するマイクロソフト(MSFT)の目標比率を少し下げてもいいかも知れませんね。


気がむいたらポチッとクリック
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(2017/04/09)ダウ平均:20656.10、S&P500種:2355.54、日経平均:18664.63、ドル円:111.140
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。